スポンサーリンク

【新劇】シンジくんの成長がうれしかった |映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の感想

エヴァアニメー感想・紹介

みなさま、お元気ですか。

すなはまです。

シン・エヴァンゲリオンの公開から、もうすぐ一年になります。

公開時期2021年3月8日
評価[jinstar5.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
視聴時間155分
対象年齢G
ジャンルSF
備考

 

この記事は映画「シンエヴァンゲリオン劇場版」のネタバレを含みます

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』本予告【公式】
スポンサーリンク

現実世界へ”いってらっしゃい”

現在、Amazonプライムで見放題となっている映画「シンエヴァンゲリオン」。

ブログに思いをしたためるため、今一度見直してみました。

最初のパリの8号機の戦闘シーンでグイっと引き込まれ、

そこからシンジ君の最後の旅が始まりました。

旧友との再会、トトロというトリビア(笑)、明かされる各々の決意。

謎だらけの伏線がひとつずつ解かれていく。

解かれていくたびに、終わりに近づいていくという感情がもどかしくもありました。

だって終わってしまう。

もう続きはない。

余白のないキャンバスみたいに。

キャンバス

終盤はラスボスである父:碇ゲンドウとの対峙。

普通のアニメだと、

  1. シンジ君の乗るエヴァ初号機がカシウスの槍で父:ゲンドウの乗るエヴァ第13号機を倒す
  2. ロンギヌスの槍とカシウスの槍を使って世界を再生する

と、筆者はなると思うんですよ。

でも、父と子が対話する形で終わらせた、というのが印象深かったです。

ただ強い弱いというだけでは解決しない、という構図(?)が良かったなと。

そして、各登人物に寄り添いながらシンジ君がそれぞれの心の補完を行っていく。

TVシリーズや旧劇場版では考えられない展開でした。

シンジ君が常に頼りきりだった渚カヲル君を見送ることができた。

シンジ君は成長したなぁ、とまるで子供の成長を見守る父親のような気分になりました。

エンドロールは駅から、実写の風景へと切り替わり物語は終わります。

これがスゴク良かった!

現実にいってらっしゃい、とエヴァのキャラクター達に送り出されたような気分になったんです。

不思議と明日からも頑張るぞー、とやる気に満ちあふれたことを覚えています。

 

とにかく良かった!

何度でも見返せる作品になりました

1997年に公開された旧劇場版は難解すぎて、繰り返しみようとは思わなった作品。

謎がある、意味がわからない、というのがエヴァの魅力だったんだと当時の筆者は思っていました。

ところがシンエヴァンゲリオン劇場版では、謎はほぼ明かされました。

筆者の胸に残ったのは、ある種の達成感と幸福感。

もう一度シンエヴァンゲリオンを見てみようという気持ちにされました。

実際、劇場には二度足を運び公式の同人誌もゲットしている筆者です。

気分がスッキリしたからなのかAmazonプライムを利用して何度か見返しています。

映画公開1周年の記念イベントがあるようです

1周年イベント公式ホームページはこちら。

3月8日19時より、Twitchにて『シン・エヴァンゲリオン劇場版』同時鑑賞&ティーチインイベントを開催、とのこと。

これ無料で見れるのかな?

Twitchのやり方ってどうやるの?!

追記※ 

無事にイベントは終了しました

 

映画「シンエヴァンゲリオン」の視聴方法

こちらから→この映画はAmazon プライムで見れます

アマゾンプライムではヱヴァンゲリヲン新劇場版シリーズを全て見放題で視聴することができます!

 

最後まで読んでくれてありがとうございます(*^_^*)

他の記事も読んでくれるスゴク嬉しいです(^^)/

コメント