スポンサーリンク

ゲーム再現が忠実!
映画「バイオハザード
ウェルカムトゥラクーンシティ」

洋館映画ー感想

すなはまです(*^_^*)

今回はゲーム再現が忠実な映画「バイオハザード ウェルカムトゥラクーンシティ」を視聴した感想記事です。

この記事は映画「バイオハザード ウェルカムトゥラクーンシティ」のネタバレをいくつか含みます。

ミラ・ジョヴォヴィッチ版バイオ映画シリーズ(以下、ミラ様版バイオ映画)の事前視聴は必要ありません。

スポンサーリンク

あらすじ

アメリカ合衆国中西部に位置するラクーンシティ。自然豊かなこの街の郊外に以前は製薬会社アンブレラ社の工場が存在したが、今はその殆どの施設は移転してしまっている。 このアンブレラ社が秘密裏に研究開発を進めていた“何か”が街の住民達に大きな健康被害を与えているとのメッセージを受け取ったクレア。 ラクーンシティの施設で育ったクレアは、その真実を突き止めるべく、R.P.D.(ラクーン市警)で特殊部隊=S.T.A.R.S.の隊員である兄・クリスのもとを訪ねる。クレアはクリスにこの事実を訴えるも「お前は昔から陰謀論を持ち出すが、デタラメだ」と取り合ってくれない。 しかしその時、街中に大音量のサイレンが鳴り響く。 アンブレラ社から住民に自宅で待機するよう警報が発せられたのだ。 クリスは急ぎ署に出向き、S.T.A.R.S.の隊員である、ジル、ウェスカーと共に、郊外にあるスペンサー邸で消息を絶った同僚を捜索する為、ヘリコプターで出動する-。 一方、クレアはクリスを追いかけR.P.D.に-。 しかし、既に住民達の身体には変化が起き始めていた。 その皮膚は腐乱し、口や目から血液が流れ落ち、死体の様な状態にも関わらず、人肉を欲し彷徨うゾンビと化したのだ。 スペンサー邸ではクリス達の壮絶なサバイバルが繰り広げられ、R.P.D.内でも、クレアそして新人警官のレオンに、ゾンビ達が襲い掛かる。
引用元:映画「バイオハザードウェルカムトゥラクーンシティ」公式サイトより

あらすじを読んでみると、

すなはま「・・・詰め込みすぎでは?」

と、感じさせるイントロダクション。

映画公式サイトはこちら

前評判は酷評だらけ

何のことかというと映画「バイオハザード ウェルカムトゥラクーンシティ」の前評判。

アメリカでは日本に先駆けて公開されていたのですが評判が思ったより良くない、という記事をちらほら見かけていました。

Yahoo映画の評価は2022年2月9日時点で2.7/5点。国内もそれほど良くないですね(;・∀・))

すなはま「え~?!そうなの?面白くないの?」

ちょっと、気持ちが萎えてしまいました。

しかし、こういう前評価でめげないのが筆者。

それなら!と、俄然映画に興味が湧きました。

結局映画はどんなかんじ?

ゲームの「1」と「2」をキレイにまとめて1作の映画にしたかんじ。

ストーリーはキレイにまとめられているせいか、ツッコミたいところが何か所かあります。

特に序盤の道路の交差点。

この映画の運命を集結させすぎ、と感じてしまいました。

トラック、クレアonバイク、バーキン一家が一か所に集まるなんて・・・。

いくらゲームが原作の映画作品だとしても、あれはやりすぎではないだろうか・・・。

筆者としては3.5/5点

[jinstar3.5 color=”#ffc32c” size=”16px”]

筆者の作品の評価基準について
アニメ・ゲーム・本などの筆者基準の評価について星の.5は筆者が惜しいなぁと思うところがある場合です。 星の数が少ない場合、筆者に合わない作風だったことがあります。 作品自体が悪いというわけではありませんのでご了承ください。それぞれの評価

前評判の酷評を見ていたせいか、そんなに悪いか?という印象でした。

孤児院の扉はゲームのままだし、ラクーンシティ警察署の正面玄関もゲームのまま。

洋館のホールもゲームのままで、アンブレラの特殊工作員もゲームのまま。

ゲームを忠実に実写化するというミラ様版バイオ映画では見られなかった構成です。

(ミラ様版バイオ映画はオリジナルに振り切ったため、独自の魅力を持っていて好きです)

バイオハザードのゲームファンに寄り添っている内容のため、筆者は最後まで見れる映画でした。

しかし、ゲームを知らないと「???」と混乱するだろうなぁと思うところもあります。

それが、「劇中のリサ・トレヴァーについて」。

なぜクレアに興味が湧いたのか不明だし、そもそも数年後に再会できたのはなぜ?などなど。

疑問は尽きませんが、ゲーム本編では悲しい運命しかなかったリサ・トレヴァーを映画に登場させてくれた監督、ありがとう。

これでリサ・トレヴァーも女優デビューだね!

見る

続編があるなら見たい

この映画監督が作るなら続編も楽しみで見てみたいです。

次回作が出るなら、今回登場が見送られたバリー、レベッカそしてタイラントが登場する作品だと5/5点の評価にしちゃう筆者でっす。

最後まで読んでくれてありがとうございます(*^_^*)

他の記事も読んでくれるとスゴク嬉しいです(^^)/

TOPページにもどる

コメント