スポンサーリンク

ケーナの召喚獣って何体いるの?「リアデイルの大地にて 10話」 感想

海底アニメー感想・紹介

本日は、2022冬アニメ「リアデイルの大地にて」10話の感想です。

※筆者は「リアデイルの大地にて」の原作を全て見ておりませんのでご了承ください。

スポンサーリンク

リアデイルの大地にて 10話 感想

前回に引き続き、ゾンビ漁村にて。

どこのバイオハザードですか?

以前会ったプレイヤー登場。

ケーナのギルドメンバーだったことが判明。

ところがレベルがケーナのように限界突破していない。

プレイヤー全員が最高のアバターで転生するわけじゃないのか。

サブアカウントのアバターって(笑)

やっぱり、謎の妖精ちゃんはプレイヤーに視認できるんですね。

何なのでしょう?

そして、本日の主人公ケーナの召喚獣は執事。

執事!執事が出てきた!

何でもアリか!

今回は幽霊船での討伐クエスト。

ゲームっぽいクエストが出てきた!

しかし、レベル差があるため、あっという間に完了。

 

そして、当初の目的であった竜宮城へ。

海底を潜るため、ブルードラゴンを召喚するケーナ。

召喚獣、何体いるんですかケーナさん。

いざ、守護者の登場。

カエル。カエルである。

まだ、マシでは?

この守護者、複数いるけど全部、一人の声優さんが演じられているんですよね。

スゴイ!

物語は漁村で保護した少女をケーナが引き取るところで終わり。

次回は村に帰るのかな。

いよいよ、村に井戸が登場するのか?!

リアデイルの大地にて12話の感想の記事はこちらから

リアデイルの大地にて11話の感想の記事はこちらから

リアデイルの大地にて10話の感想の記事はこちらから

リアデイルの大地にての作品紹介の記事はこちらから

[poll id=”11″]

最後まで読んでくれてありがとうございます(*^_^*)

他の生地も読んでくれるとスゴク嬉しいです(^^)/

TOPページにもどる

コメント