スポンサーリンク

【感想】ジャンヌのコロコロ変わる表情がかわいい
「ヴァニタスの手記 20話」

手記アニメー感想・紹介

すなはまです(*^_^*)

本日は、現在(2022年3月)放送中のアニメ「ヴァニタスの手記」20話の感想の記事です。

※筆者は「ヴァニタスの手記」の原作は未読ですのでご了承ください。

スポンサーリンク

「ヴァニタスの手記 20話」前半の感想

ジャンヌとヴァニタスがお互いを意識し始める。

20話にして、やっとかい!

ヴァニタスを男性と意識し始めてから、より一層コロコロと表情の変わるジャンヌ。

そんなジャンヌの背景画には、今にもテレビから飛び出てきそうなくらいのハートマークが。

ハート

ジャンヌって、こんなキャラだったんですね。

見てて微笑ましくて応援したくなります。

一方のヴァニタス。

道端で偶然ローランたちと出会い、

「知人の話なんだが・・・」

と、相談を持ち掛ける。

相談あるあるの話し方(笑)

正直、ヴァニタスって血も涙もない非道なヤツなんかなー?と、

思っていました。

ところが徐々に人間らしい(人間なんですが)表情が多くなってきて好感が持てるキャラクターになりました。

さぁ、ジャンヌを嫁にするのだ!ヴァニタス!!

「ヴァニタスの手記 」後半の感想

頼れるお姉さんキャラ(?)のドミニクに謎の症状が。

20話は不穏な終わり方を告げます。

冒頭の「お姉ちゃん」って、ドミニクのことなのか。

それともミスリードを誘っているのか?

クロエの事件が一段落したのに、もう次の事件とは・・・。

ヴァニタスとノエルの多忙な日々は、まだまだ終わりそうにありません。

まとめ

「ヴァニタスの手記 20話」は、たまにある日常パートだったので癒しになりした。

作品自体が吸血鬼を題材としていて、激しい戦闘シーンが多い本作。

独自の吸血鬼の世界観が興味を引く「ヴァニタスの手記」ですが、いよいよクライマックス間近となりましたね。

ドミニクが敵になるとか、そんな展開はやめてほしいんですが一体どうなるのか?

次回が楽しみです(^^)/

最後まで読んでくれてありがとうございます(*^_^*)

他の生地も読んでくれるとスゴク嬉しいです(^^)/

TOPページにもどる

コメント