スポンサーリンク

【書評】買ってよかった!
「月姫コミックアンソロジー」
2022/1/5初版

嬉しい書評ー感想

どーも!すなはまです!

まさか年号が令和になって、一迅社さんから月姫アンソロジーの新作が発売されるなんて誰が予想できたでしょうか。

hyousi

スポンサーリンク

月姫とは

1999年に同人ゲームとして発売され、今なお語り継がれる伝奇ビジュアルノベルの傑作「月姫」。

引用元:「月姫 -A piece of blue glass moon-」公式サイトより

月姫アンソロジー

同人ゲームだった「月姫」がリメイクされ、2021年にPS4/NintendoSwitch用ゲームとして発売されました。

今回紹介する月姫アンソロジーは、このリメイク版を題材にしたアンソロジーコミックスとなっています。

内容はショートストーリーが複数掲載されている短編集。

クスっと笑えたり、一人のキャラクターを深堀したものだったりと様々です。

豪華な作家陣

作家陣はアンソロジーが発売されるごとに気になる要素の一つ。

今回も武梨えりさんを始めとした豪華な作家陣がかためています。

多くの作家さんがいる中で武梨えりさんを少しご紹介。

武梨えりさんはタイプムーン作品のアンソロジーの常連の作家さん。

2000年代初頭の古の時代より、月姫と関わってきた方でもあります。

今回も非常に楽しい作品を載せてくださっています。

武梨えりさんには、感謝しかないよね。(すなはま談)

一迅社

月姫アンソロジーの発行元である出版社さん。

一迅社さんはDNAメディアコミックスというブランドを展開しています。

今回発売された月姫アンソロジーも含まれたブランドです。

過去にはFateシリーズや空の境界などタイプムーン作品で多くの巻数がありました。

他にも人気ゲームのアズールレーンやアイドルマスターを題材にしたコミックスもあるので、興味が出た方はぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

十数年ぶりに読んだ月姫アンソロジーの新作は面白い!

最後に月姫のアンソロジーが発売されたのは、たしか2000年代初頭。

(記憶が遠い・・・)

それ以来、パタリと途絶えてしまいました。

しかし、2021年に発売されたノベルゲーム「月姫」のリメイクとともに不死鳥の如く、現世に舞い戻ってきた「月姫アンソロジー」。

筆者は非常に楽しく見ることができました!

ゲームで知った方や昔からのファンの方に、ぜひ手に取ってほしい一冊です!

最後まで読んでいただきありがとうございます(*^_^*)

他の記事も読んでいただけるとスゴク嬉しいです(^^)/

TOPページにもどる

コメント