スポンサーリンク

【書評】聖書を楽しく学べる?!「上馬キリスト教会の世界一ゆるい聖書入門」

聖書書評ー感想

【この記事は2021年12月28日に投稿されました】

気分はサラサラと宙に舞う雪のよう、すなはまです!

本日ご紹介する書籍はこちら!

スポンサーリンク

上馬キリスト教会の世界一ゆるい聖書入門

こんな人にオススメです。

  • キリスト教をゆる~く知りたい人
  • 上馬キリスト教会さんのTwitterが好きな人
  • ザックリ聖書の内容を知りたい人

この記事では、「上馬キリスト教会の世界一ゆるい聖書入門」という書籍を紹介しています。

キリスト教や聖書って聞いたことがあるわりに、よくわからないことが多いですよね。

  • 結局、聖書ってなんなの?
  • クリスチャンって何者?
  • なんだか、怪しい
  • ミサで洗脳されるの? などなど

そんな疑問だらけのキリスト教や聖書について、親しみやす~くわかりやす~く書かれているのが本書籍です。

この書籍を読めば、キリスト教や聖書についてものすご~く親しみやす~くなっていると思います。

なお、宗教の勧誘ではないので、安心して記事を最後まで読んでいってみてね。

本書籍の内容について

  • 「聖書」をほんとうにざっくり紹介します
  • 1.キリスト教Q&A
  • 2.聖書名シーン
  • 3.教会用語辞典
  • 4.使徒列伝
  • 5.聖書のよくある誤解、勘違い
  • 6.聖人たちの意外な一面
  • 7.日本の日常に潜む聖書
  • おわりに

 

引用元:「上馬キリスト教会の世界一ゆるい聖書入門」より

書籍の目次です。

サロメ、ノア、ソロモンについても、ゆる~く触れています。

スマホ用アプリ「Fate/Grand Order」をプレイされている方には、必読の書籍としてオススメしたい。

 

使徒列伝

アニメ:エヴァンゲリオンに登場する敵たちの名前は「使徒」。

エヴァンゲリオンファンであれば気になるのが、「使徒列伝」ですよね。

※異論は認める!

正直、この項目は読まなきゃよかったと思います。

使徒について詳しく知りたくない方はスキップスキップ!

 

使徒とは、イエス様につかえた「13人の弟子」のこと。

イスカリオテのユダ、ヨハネ、ペテロなど、ゲームやアニメで聞いたことがある方も少なくないんじゃないでしょうか?

これらの名前は13人の使徒を語源としたものなんです。

ゲームやアニメでは、「手の届かない超常の人々」というイメージが多いようです。

この「使徒列伝」では、そんな使徒たちを紹介しています。

読んでしまうと、使徒たちに抱くイメージを大きく変えてしまうかもしれません。

なんというか、親しみを覚える、人間味がある、というかんじです。

「手の届かない超常の人々」感がイッキに消失します。

イスカリオテのユダだけは特別かもしれませんけど。

日本の日常に潜む聖書

日本の日常に潜む聖書

キリスト教が伝来してから500年以上ですから、思った以上に根付いているんです。

ホントです

 

引用元:「上馬キリスト教会の世界一ゆるい聖書入門」より

「豚に真珠」

すっかりおなじみの慣用句ですが、キリスト教伝来であるとして書籍には書かれています。

聖書から意味を授かり、豚と真珠は日本に古代から存在していたため、ここまで定着したんだとか。

まさに、言葉の和洋折衷!

 

著者プロフィール

ここでは、著者である上馬キリスト教会についてご紹介いたします。

上馬キリスト教会【かみうまきりすときょうかい】

東京都世田谷区釜安沢にあるメソジスト系単立教会。

2015年2月にスタートしたTwitterでの伝道活動が人気を呼び、一般アカウントにもかかわらずフォロワー7万人を超える人気アカウントに。

キリスト教や聖書の世界をおもしろおかしく切り取ったつぶやきが話題を呼び、2017年のクリスマスには150人を超える「初めて教会に来る人」押し寄せるなど、大人気に。

「中の人」は、一般の信徒で、「まじめ担当」「ふざき担当」の2人。

Twitterアカウント:@kamiumach

引用元:「上馬キリスト教会の世界一ゆるい聖書入門」より

本書籍は2018年の出版ですので当時の情報となります。

公式Twitterがあるのですが、書籍には日々のつぶやきの一部が掲載されています。

フォローすると、キリスト教や聖書の内容がゆる~く学べます。

クスっとなるツイートも多いため、筆者はフォローさせていただいております。

気にある方は、チェックしてみてね!

上馬キリスト教会の世界一ゆるい聖書入門

書籍の内容は、ホント―にゆる~いです。

よく聞くような聖書関連のワードが散らばっています。

ただキリスト教や聖書について難しいことは一切書かれておりませんので、おおまかにキリスト教や聖書を知ろうとするのであれば最適な書籍だと思います。

気になった方は、ぜひ手に取ってみてね。

最後まで読んでくれてありがとうございます!(^^)!

気になったら他の記事も読んでくれるとスゴク嬉しいです(*^_^*)

TOPページにもどる

コメント