スポンサーリンク

【書評】Twitterを使って稼ぐ方法を完全公開!している本のご紹介

書評ー感想

すなはまです(*^_^*)

Twitterの運用が不得意な筆者です。

この本を読めばTwitterの運用方法が少しでもわかるようになれば良いな、と思い購入。

内容はメッチャよかったです

筆者なりの書籍の感想を書いていきたいと思います。

※今回、基本的に本の内容の引用はしません。

スポンサーリンク

あいめこさんの本がいよいよ発売されました

著者のあいめこさんとは?

時代と寝る女”あいめこ”さんの正体とは?!

書籍の巻末に掲載されていました。

要約すると、滋賀県出身で現在2つの会社を運営している社長にして2児のシングルマザー。

それがあいめこさんです。

(間違っていたらごめんなさい)

Twitter上で見れる人柄は大変親しみやすく、人気があります。

あいめこさんのTwitter⇒@zidaitoneruonna

ちなみに筆者はファンです(自称)

あいめこさんの本の内容は?

書籍のタイトルが「パソコンも持っていなかった私がTwitterで年商1億円稼ぐ理由。」。

つまりTwitterで1億円を稼ぐノウハウ本、

だけじゃないのがあいめこさんの本!

書籍の前編は、あいめこさんの涙とド根性のストーリーが中心。

書籍の中盤~後編はタイトルにある通りTwitterを利用したマネタイズの手法が中心となっています。

あいめこさんの涙とド根性ストーリー

読むとあいめこさんが好きになります。

もともと好きだった人は、もっともっと好きになります。

(筆者談)

書籍の中のお金の稼ぎ方

こういうノウハウ本って、出版社から書ける内容が決まっているらしい、というのをとある動画で見ました。

 

つまり、稼げた理由を完全解説!なんて言っても紹介しきれていないわけです。

びっくりですよね?

完全解説!なんて表紙にうたっておいて肝心の部分がわからなーい!

あなただって肝心の部分が知りたいですよね?

一方、あいめこさんの本といえば、

過去に稼げた理由と現在も稼ぎ続けている理由を完全に公開してる(と思います。)

非常にリアル。

これ良いですよ?

都合の良いことがあまり書かれていないので。

稼げた理由については、あいめこさんの本の解説の方が現実的でリアルで誰もが経験しうる内容になっています。

稼げるTwitterの運用術

Twitterって便利ですよね。

  • 今一度、Twitterってどういうもの?
  • Twitterを始めたい!どんなアカウントにすればよいの?
  • Twitterを使って稼ぐにはどうすればいいのか?
  • Twitterをバズらせるには?
  • Twitterを使うときの心構え

と、この書籍を読むとこんなことが学べます。

まさにTwitterの運用術がわかる一冊。

それに加えて稼ぎかたまでわかっちゃいます。

特にあなたにおすすめしたいのがTwitterの検索コマンド。

何ができるって、過去のバズったツイートの検索が可能なんですよね。

筆者は、この書籍を読んで初めて知った機能です。

他にも様々なTwitterに関する教えがまとめられています。

詳しくは書籍にて
パソコンも持ってなかった私がTwitterで年商1億円稼ぐ理由。

Twitterのノウハウ本と言ってもよい内容となっています。

ただ、この書籍を100%活かすにはある程度Twitterに慣れているのが条件、というかんじがしました。

  1. とりあえずTwitterを始めてみよう
  2. 慣れてきたらTwitterでマネタイズをしたい!(お金を稼ぎたい)

と、なったときに必ず役立つ本になっています。

まとめ

  • あいめこさんについて
  • あいめこさんの本の内容
  • あいめこさんが教える稼げるTwitterの運用術

今回は以上の3本でお送りしました。

筆者は、この書籍を読んだことでTwitterに対する”壁”みたいなものが少し減ったかんじがしました。

まだ、筆者の頭の中が????となることもあるので何度も読み返しながらTwitterと付き合っていこうと思います。

あいめこさんの大逆転術って、誰でもできるやり方だと思います。

しかし、誰でもできるかわりにリタイアする人も多いのではないでしょうか?

そこでリタイアしそうなときにこの書籍を手に取ってほしい。

もう一度、大逆転を目指していきましょう!

発売されて間もないんですが、筆者は落ち込んだときにも読み返すことが多い書籍となっています。

不思議と励まされるんですよね。

あなたなら、やればできる!と言ってくれるみたいで。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます!(^^)!

他の記事も読んでみてね!→ここから読めます閲覧した書籍50音順一覧|

 

コメント