スポンサーリンク

【牛丼】すき家の新作メニューを食す

ブログタイトルブログ日記ー雑記ー日々の暮らし

※今日の記事はすき家の新メニューが気になる方向けです。

おはようございます。

すなはまです。

 

肌吹く風は秋。

けれども体に浴びる日差しは夏。

こんな時期は衣服の選択に頭を悩ませる。

誰か正解を教えてほしい。

 

すき家の新作メニュー

本日の昼食はすき家の新メニュー 食べラー・メンマ牛丼を頂いた。

 並盛 500円 (943 kcal)  すき家HPメニューより引用

商品名からラーメン+牛丼というそばめしのような商品をイメージした。

・・・それはすぐに間違いだと知った。

運ばれてきた新メニューのビジュアルが全てを語っていたからだ。

それではいただきます。

牛丼の上に歯ごたえの良いメンマを敷き詰め、その上に食感のあるラー油がかかっていた。

ラー油のピリッとした辛さがさっぱりしたメンマを引き立てる。

そして歯ごたえの良いメンマと牛肉が良く合う。

ラーメンの舞台上でも出会うことがない二人。

ご飯という安住の地を見つけたようだ。

まさに調和。

ご飯がススム。

リピートしても良いかもしれない。

お持ち帰りは可能なようだった。

ビールのつまみにも合いそう。

 

しかし、私にとってのすき家№1メニューはチーズ牛丼であることは揺るがない。

 並盛 500円 (911 kcal)    すき家HPメニューより引用

 

すき家に支えられた新社会人時代

すなはまが新社会人のころ、すき家によく食べにいきました。

当時、住んでいたアパートの近くにすき家があったためです。

牛肉のたんぱく質、ご飯の炭水化物、玉ねぎの甘さ、しょう油の塩分。

仕事終わりの空腹がピークの私には嬉しいご褒美の数々。

 

 

一日三食牛丼だったこともあります。

朝は朝食セット。

昼は大盛どんぶり。

夜はちょっと贅沢に野菜を付けた卵セットで。

 

キン〇マンか!

 

メニューが豊富ということもあり、選ぶのによく悩みました。

普通の牛丼じゃ物足りない。

けれども、あまりトッピングはつけられない。

それではどうするか?

私は考え、1つの結論を導き出します。

 

そうだ!

チーズがあるじゃないか!

 

ちょっとしたトッピングでなおかつ満足感を得られる。

それがチーズ牛丼でした。

万能食材であるチーズ。

それを3種類、牛丼にかける。

それもチーズが溶けた状態で。

なんて贅沢なんでしょうか。

生まれてきてくれてありがとう♪

 

 

もう一つの秋のジャンクフード

仕事にて車を走らせる。

道端にはススキが生えていた。

秋を予感させる。

今年も月見バーガーには縁がなかった。

来年こそは!と、意気込む。

けれども、仲人がいない限り出会うことがないんじゃないんか?と思う日々。

 

それでも私はすき家を選ぶ

吉野家、松屋、なか卯など様々な牛丼チェーンがあります。

しかし、私はすき家へ足を運びます。

なぜなら、チーズ牛丼はすき家のお店で食べるのが一番うまい!

うまい!美味い!旨い!

 

 

今日はここまで読んでいただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村へ参加しています。いつも応援クリックありがとうございます♪

コメント