スポンサーリンク

【うどん】テイクアウト可能!丸亀製麺の新メニューを食す

丸亀製麵の新メニューが気になるブログ日記ー雑記ー日々の暮らし

※この記事は丸亀製麺の新メニューが気になる人向けです。

すなはまです。

突然ですが、うどんの語源を知っていますか?

筆者は知らないので調べてみました。

うどんの語源は諸説あるが、奈良時代に渡来した、小麦粉のに餡を包んで煮た「混飩(こんとん)」という唐菓子に由来する説が有力とされる。

引用元:語源由来辞典ー饂飩/うどんより一部抜粋

この知識が役に立つことを信じて本日は、うどんの食レポです。

スポンサーリンク

うどんを求めたある日のお昼。

街中でもハロウィンの装飾をちらほら見かけるようになってきました。

私もそんなハロウィンの気分を少しでも味わおうと思いコンビニスイーツのカボチャチーズケーキを購入しました。

セブンイレブンで売ってます。

コーヒーと一緒に食べたんですが美味しい。

見た目はカボチャを連想させる黄色系。

甘さは控え目で次々に口の中へ運ばれて行きました。

う~ん、満足!(^^)!

そして、丸亀製麺が現れます。

丸亀製麵の新メニュー:トマたまカレーうどん

一日に使えるお金は1000円までと心に決めて幾星霜。

今日のお昼は丸亀製麺。

新メニューのトマたまカレーうどん 690円(並) を頼む。

少し前から登場していて気になっていたこの一品。

いつもは本命である釜玉うどん 390円(並)。

この安さの誘惑に負けて手を出せずにいた。

一時の気の迷いということで浮気することを許してほしい。

いざ実食。

カレーうどんで辛さが気になる。

しかし、カレーは辛さ控え目で難なく完食できた。

美味い!

 

トマたまの【たま】って何?と思っていたが食べてみてわかった。

とき玉子が入っていた。

具材のトマトは完全に荷崩れしておらずカレーの中で目立っていた。

まるで海に浮かぶ小島のような存在感。

 

傍らにはセット品のご飯を携えている。

大きさは小鉢くらい。

程よい量である。

一度にうどんとお米という炭水化物界のツートップを楽しむことができる。

ボリュームは申し分ない。

リピートしたいが一つ心配事がある。

 

それは、カレーのお汁が服に飛ばないようにしなくてはならないということである。

カレーだけにアンダーラインの色は黄色にしてみました(笑)

今回は何ともなかった。

しかし、次はわからない。

 

カレーうどんの代償

食べて美味しいカレーうどん。

おそば屋さんのカレーうどんはダシが効いてて美味しいですよね♪

食べ終わった後の満足感はひときわです。

 

そんな至福の時間をもたらしてくれるカレーうどん。

しかし、衣服への配慮を忘れてしまうとたちまち惨劇に変わってしまいます。

 

うどんをすする時のお汁の跳びハネには注意が必要です。

一度衣服に付いてしまうと洗濯で落ちない場合があります。

対処が早ければ大丈夫かと思います。

私は対処が遅れて何度かクリーニング屋さんに持ち込みました(T_T)

いっそカレー色のワイシャツでも着ていこうか(笑)

まとめ

丸亀製麵のトマたまカレーうどんはボリューム満点で美味しい。

ただし、お汁の跳びハネには要注意。

こんな感じです。

ご飯は美味しく楽しく食べたいですよね♪

今日はここまで読んでいただきありがとうございました。

 

コメント